トナーのカートリッジここがすごい

トナーカートリッジは、文字や絵を描くための粉末が入っている消耗品のことで、コピー機やレーザープリンターなどで使用されています。通常、トナーを使い切ると、カートリッジごと交換し、使用済みのカートリッジは回収して再利用されます。こうしたリサイクルトナーカートリッジのメリットとしては、純正品と比べると、圧倒的に価格が安く、販売価格は、純正品の10分の1程度という商品もあります。リサイクルトナーは、純正品の部材を再利用して、汎用のトナーを充填していますから、研究や開発費がほとんどかからないため、費用を抑えることができます。ただ、リサイクルトナーは、使用済みのカートリッジを再生していますから、初期不良が2~3パーセント程度の割合でおこるというデメリットがあります。

リサイクルトナーのメリットとは

リサイクルトナーの最大のメリットは、価格ですが、以前に比べると不具合発生率も改善され、コストパフォーマンスが圧倒的に高いといえます。品質については、各種品質管理基準の認定を受けているものを選ぶことで、大幅にリスクを軽減することができ、保証もしっかりとしていますから、安心して使用することができます。また、純正品と比べ、リサイクルトナーの場合には、再生品ということもあって純正品よりも充実した保証がついている場合があります。万が一リサイクルトナーが原因でプリンタに損害を与えたような場合には、修理代金を保証したり、商品代金を返金するなど保証も手厚くなっていますから安心です。ただ、純正品に比べると不具合率が高いというデメリットがあり、カラーの色合いが異なる場合もあります。

リサイクルトナーのメリットとデメリット

リサイクルトナーやドラムの導入を検討している場合、もっとも問題となるのが、不具合率の高さではないでしょうか。ただ、この問題は、予備品を備えておくことで、解決できますし、リサイクルトナーが原因でプリンター本体が故障するということはほとんどありません。万が一プリンター本体に損害を与えた場合でも、修理代金は保証されますし、賢く使うことで、印刷にかかるコストを大幅に削減することができます。純正品には、メーカーブランドの安心感があり、トラブルが起き場合には、メーカー保証の期間内なら、無償修理ができるというメリットがありますが、単価が非常に高く、コストパフォーマンスが悪いといえます。一方、リサイクルトナーは、純正品に比べて単価が費用に安く、コストパフォーマンスがよいといえます。

トナーのカートリッジここがすごい はコメントを受け付けていません。