トナーのカートリッジにはどんなメリットがあるの

トナーカートリッジとは、インクとおなじようにプリンターやコピー機の印刷を行う時に使うものです。トナーの仕組みとしては帯電させた色つきの粉を静電気で印刷したい紙に転写し、印字方法としては熱での圧着方式を採用しています。それと比べインクは単純に液体の染料を噴射して印刷しています。トナーとインクの違いは大まかに上に描いたような形ですが、業務用であったりリサイクルのしやすさでは圧倒的にトナーが勝っています。高速印刷や大量印刷に向いている設計なのでほとんどの企業はこちらのトナー型のプリンターやコピー機を採用しています。リサイクルの面では、使用済みのトナーを回収しもう一度しようできるようにして安価で販売しています。このようなメリットを今回説明します。

トナーのカートリッジの特徴について。

トナーのカートリッジは先ほど書かせていただいたように、色のついた粉末状の帯電粒子を静電気で印刷面に転写し、熱で焼き付けています。解りやすいのは鉛筆の芯を粉にしたようなものを使っているようなイメージでいいでしょう。レーザープリンターやコピー機、FAXなどはほとんどトナーを使用しています。トナーのカートリッジは未使用のトナーをためておく部分と、印刷するために紙に写す感光帯ベルトと、転写していらなくなったものを入れておく廃トナーboxで構成されていて、一体型になっているものが多いです。純正品は高価なものが多いですが最近は安価なリサイクル品がおおく出回っています。このようにインクとは違った特徴があり、オフィスではなくてはならないほどの便利なものになっています。

カートリッジを安価につかえる上手な方法

トナーはどうしても部品数が多く高価なものになっています。高速で大量に印刷したい業者や会社で使用したい、でも高価で経費がかさばる。そのような悩みを最近けしてくれるリサイクルカートリッジが注目を浴び始めました。とても安価で純正品の実に10分の1ほどの値段で購入できるようになっています。とても経済的で環境にいいので近頃とくに注目されています。リサイクルトナーは純正のカートリッジを回収し、分解洗浄して使える部品はもう一度再利用してリサイクル品として販売しています。このようにほぼほぼ変わらないスペックでとても安価で買えるというと素晴らしくありがたいですよね。保証も充実していて、不具合がおこってしまってもすぐに交換してくれます。使用後は無料回収してくれることもありがたいです。このように上手に使うことでさらに便利にできます。

トナーのカートリッジにはどんなメリットがあるの はコメントを受け付けていません。